2013年 01月 23日

カラタチ 棘の明暗

           冬場にはカラタチの棘が良く目立ちます。
           枝や葉が変化して棘になったと言われてます。
           明;軽い材料の細工ものでしょうか。
           暗;鋼鉄のような硬い細工に見えます。
           おまけはジョウビタキ♂です。

           ① カラタチの明
e0308998_9235646.jpg


           ② カラタチの暗
e0308998_9245063.jpg




            大きく膨らんだジョウビタキ♂です。
            近くに寄ってきて威嚇で膨らんだみたいです。
e0308998_930825.jpg

[PR]

by hemi-kame2 | 2013-01-23 09:32 | 植物 | Comments(8)
Commented by itohnori at 2013-01-23 10:58
hemi-kameさん、こんにちは。
 カラタチの棘を魅力的に写されましたね。
明;確かにプラスチック成型品の様にも見えます。
暗;有刺鉄線の様に固くて、触ったら痛そうに見えます。
成程、斬新的な写し方があるのですね。
 ジョウビタキが膨らむのは威嚇なのですか。
こちらでも最近近くに寄って来る様になりました。
Commented by kimiko_shibata1 at 2013-01-23 19:04
カラタチのとげ・・・芸術的です。
枳殻邸という京都の庭園の美しさにもカラタチの名前が付き、その美しさを見せてくれます。
有機物が無機物に見える不思議さ・・・写真の腕でもありますね。
ジョビ君、かわいい小鳥です。今年はなぜか瑠璃の方が多いようです。
Commented by koneko3y at 2013-01-23 21:29
カラタチの棘は長くて鋭いですね。
ジョウビタキの雄のメリハリある色が好きですが、
まだ一度しか出会えていません。
暖かくなる前にもう一度は見つけたいです。
Commented by soyokaze-1020 at 2013-01-24 08:35
おはようございます♪
カラタチの棘は いたいよ~! 北原白秋の詩が浮かびます。
この時期、葉は全部落とすのですねぇ?
明と暗、面白い発想を絵にされましたね。
そんなhemi-kameさんの感性に拍手です。
ジョビ男君、だんだん近くで見かけるようになりました。

Commented by hemi-kame2 at 2013-01-24 08:41
itohnoriさんへ
カラタチのこんがらがったような棘の生え方が好きです。
軽めと重め、悪戯して見ました。
小鳥が膨らむのは寒さのためと威嚇のためのどちらかですね。
木道を歩いていると向こうから威嚇しにやってきました。
このジョウビタキはルリビタキ♀を追い払ったりジョビ姫を駆逐したり、人に警告したり、まぁ忙しい果敢な奴でした。
Commented by hemi-kame2 at 2013-01-24 08:54
kimiko_shibata1さんへ
もっとデフォルメすると面白いかもしれませんね。
明の方は簡略化して包装紙の図柄として使えそうな・・・ ・・・夢想です。
無秩序なあの棘のありように魅かれます。
葉や枝の変形と言われてるのでよくよく調べれば一定の秩序があるのっかもしれませんね。
こちらではジョウビタキが多いです。

Commented by hemi-kame2 at 2013-01-24 09:02
koneko3yさんへ
冬場になるとこの長くて鋭い棘が気になります。
ジョウビタキの膨らんだ丸い姿はどこか滑稽です。
勇敢な指揮官姿と丸すぎる姿、いろいろ見せてくれますね。
Commented by hemi-kame2 at 2013-01-24 09:09
soyokaze-1020さんへ
この時期はいわゆる葉は全部落として棘枝が目立ちますね。
こんがらがった棘の無秩序が気に入ってます。
明はもっと明るく、暗はもっと黒くすれば良かったかなぁ。
拍手いただいてありがとうございます。
小鳥たちも人馴れして近くでもこの時期は餌探しに夢中ですね。


<< アトリ と ベニマシコ      アカゲラ♂  赤い腰巻 >>